胃カメラを行うメリット。

胃もたれや胸焼け、吐き気やげっぷ等胃腸の不調が続き様な場合は、早めに胃カメラを行う事をお勧めします。最近の胃カメラは以前の方法とは異なり、ファイバースコープの太さが細くなっていて、スムーズに咽頭部を通る事が出来る様になっている為、患者の苦痛もかなり軽減されています。不調が現れて早期に行えば、各部位の炎症なのかポリープがあるのか、又は悪性の所見があるのかなどをその場で見極める事ができて安心ですし、場合によっては細胞診も行えるのでより確実な診断に役立つと考えられます。そしてそれぞれの疾患に最適な治療が早い段階で開始する事が出来る為、1日も早い症状の緩和を図る事が出来ます。又料金も何かしらの症状がある場合は、保険が適応される場合が殆どなので、安心して受診する事が出来るという事もメリットの一つであると言えます。

胃カメラをできるだけ楽に飲む方法

胃カメラを飲むのは中々苦しいもので、苦手という方も少なくないのではないでしょうか。そこで、出来るだけ胃カメラを苦しまずに飲むために気を付けることについて、ここで簡単に見ていきましょう。まず1つ目に、私服で受けるのであれば、楽な服装で検査を受けるということです。特にウエスト部分が締まっていると、胃に空気が入った時に非常に苦しくなってしまいますのでくれぐれも気を付けましょう。2つ目に、麻酔の方法についてです。一般的に、カメラを飲む前に、ゼリー状のものを5分程度口に含むことで麻酔をします。この時に、出来るだけのどの奥の方にゼリーをとどめておけるように意識することで、だいぶ楽に検査を受けることが出来ます。その他にもいくつかポイントはありますが、病院の指示にしっかりと従って、正しく検査を受けましょう。

胃カメラは絶対必要なのか

生まれて今まで一度も胃カメラをのんだことがありません。ですが、父親は毎年胃カメラをのんでいます。もう今年で70歳になりましたが、現役で働いていたときに健康診断で通っていた、自宅からかなり遠い病院まで通って人間ドッグをしているらしいです。でも、最近になりここ何年かで病院の先生に、もう健康診断はやめて近所の診療所に行き、今の身体とうまく付き合うことを考えたほうがいいと言われたそうです。それからは、わざわざ遠くまでカメラをのむための通院はやめて、今ある身体の状態にあった薬を近所で処方してもらってるようです。わたしはのどの部分に何かを入れると言ったことを想像するだけでも、苦しくなってきます。その為、もし仮に鼻から入れるタイプだったとしても、結局はのどを通って胃に入るので、かなり苦しいと思ってしまいます。今現在専業主婦なので、健康診断に行くことは滅多にありませんが、そろそろ全身調べておいたほうがいい歳に入っているので、何らかの形で検査に行ってみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です