胃カメラをより楽に受けるための技術

胃カメラは大変な検査として広く認知されています。挿入した時の異物感からむせてしまう、そもそも喉に物を通していくということに対する恐怖などから、受けた人の半分以上が「辛かった」という感想を抱くくらいの検査ですが、医療の進歩として、この検査を楽にする方法はどのようなものがあるのでしょうか。近年では、喉からではなく鼻から入れる検査や、前投薬といって検査の前に麻酔薬や鎮静剤などの薬を使って楽に検査を行うという方法が取られるようになってきました。鎮静剤を用いる場合は、眠っている間に検査が終わってしまうという感覚になることも多く、かなり楽に検査を終えることが出来ます。眠ってしまうと医師と患者が対話をできない、検査後にふらつきを伴う場合があるなど注意点もありますので、お医者さんの話をよく聞いて、自分に一番適した検査をしてもらえるようにしていきたいですね。

胃カメラで検査した方がいいかな

もうすぐ40歳の誕生日を迎えます。体の不調を時々感じます。といっても肩凝りとか腰痛という程度です。しかし、自分の健康は自分で管理しなくちゃいけないと常々思っているので、毎年健康診断には行っています。これまでは簡単な最低限の検査だけでしたが、今年は胃カメラで検査をした方がいいかな、なんて考えています。やはり数年に一度はやっておいた方がいいと聞きますよね。カメラを飲むとなると、ちょっと勇気がいりますが、麻酔をして行ってくれる病院もあると聞きますし、自分に合った病院をみつけて検査してみようかなと検討しています。まだ、子どもも小さいですから、大病をするわけにはいきませんしね。よく、自分の健康を過信して、健康診断にすら行っていないという人がいますが、その人の為にも是非一年に一度は体のチェックに行って欲しいなと思っています。

胃カメラが怖いなら今は痛みがないものがある

胃カメラが怖いなら今は痛みがないものがあります。やはりチューブを口から入れると喉のあたりで苦しいと感じてしまいます。そこでもう二度とやりたくないという人が多くて検査をしていない人が増えてきています。それでは困ります。それは昔の話です。今は痛みが少ないようなチューブも出ています。また鼻から入れる検査方法もあります。またまったく痛みを感じない検査があります。それは麻酔をしてしまうことです。それで眠ってしまいます。寝ているうちに検査をしてくれます。それで起きたらもう検査が終わっているから痛みを感じないで調べる事が出来ます。そんなとても便利な検査があります。もし今すごく痛みが嫌でもうやりたくないという人は麻酔をしているところがあります。そこでお願いして検査してもらうといいです。するときちんと毎年検査を受けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です