胃カメラでの検査を受けるとき

胃カメラの検査と言うものは、一度きりで良いと感じてしまいます。もちろんこの検査によって、胃の内部の状態が分かり、早期発見出来る病気もありますので、無下にはできません。最近はのどからカメラを入れるタイプと鼻から細いカメラを通すタイプとがあります。どちらも通す箇所に麻酔を使用して、通しやすくしておきます。性能には大差ないと聞きますので、むせたり、戻しそうになるのが嫌なら鼻からが良いでしょう。正直な所、どちらにせよどことなく気持ち悪さは残ります。また、検査中は緊張しますが、先生や看護師の言う言葉に集中しておけば、何とか乗り切れます。自分の胃の内部が映し出された画面を見るのもまた面白いもので、こんな映像見れるものでは無いと考えていると、気づけば終わってたなんていう事もありますので、リラックスして検査に臨むと良いでしょう。

最近の胃カメラは苦しくありません

以前から一度は人間ドックの検査をしなくては、いけないと思ってはいましたが、胃カメラの検査をまだ一度も受けた事がありませんが、検査項目の中に入っているので、中々検査を受ける気持ちになりませんでした。しかし、検査を受診した方から、最近は、口から入れるのではなく鼻からカメラの管を入れるので以前ほど苦しくないと聞き勇気をだして、検診にいきました。本当に考えていたよりも、数倍楽でした。すごく緊張していましたが、力を抜くように言われ、目をつぶっている間に胃カメラが入っていきました。映像をみながらお話しを聞き、あっという間でした。抜く時も痛みはなく、意外と早く終わりました。現在の医療機器は、以前と比べて大分負担がなくなりました。こんな事でしたら、もつと早く検診をしておればよかったと後悔しています。とりあえず異常はなかったので安心しました。

胃カメラで消化器官の異変がわかります。

胃や十二指腸などの消化器官や、喉に痛みや違和感を感じている時は、胃カメラによる検査を受ける必要があります。胃カメラは怖いというイメージを持たれている人が多いですが、痛みなどはほとんどなく、体に負担の少ない検査です。恐怖心の強い人はえづきやすくなるので、肩の力を抜いてリラックスする必要があります。局部麻酔を行っているため、痛みを感じずに検査を受けることが出来ます。バリウムによる検査との違いを知りたいという人が多いですが、圧倒的に胃カメラのほうが精度が高いため、胃や十二指腸の粘膜に異変を発見しやすいですし、胃がんや食道がんなどの病気の早期発見に役立てられます。費用はどれぐらい必要か知りたいという人が多いですが、健康保険が適用されますし、どこの病院で検査を受けても、費用が同じぐらいなので、安心して検査が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*