胃カメラ.com

胃カメラによる定期健診が大切です

現代の胃カメラの特徴

胃カメラと聞いただけで、絶対にやりたくないという抵抗心をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにとても苦しく、気持ち悪くなってしまうものとして認識されます。しかし、それは昔の話で、今はとても受けやすくなっていることをご存知でしょうか。というのも、現代の医療の進歩はすさまじく、それがきちんと胃カメラにも反映されています。まず、口から入れるのではなく鼻から細い管を通すことが主流です。これによって抜いたあとの吐き気などを大幅に軽減することができています。それだけでなく、入ってから動かす必要がありますが、その動かしたときにも気持ち悪くなったりしていたものが、今は感覚を感じないほどになっています。それでも感じてしまう人は、あらかじめ部分麻酔をして行うことも出来ますので、それはあらかじめ医師に相談しましょう。



人生初の胃カメラでした。



胃酸がいつも口の中に上がってきている様な感覚になって、内科を訪れていました。まさか胃カメラを飲む事になるなんて夢にも考えていなかったので、カメラを飲まないと、正しい検査結果が出ないと、何件もの内科に言われ続けました。しょうがなく諦めて、カメラを飲む事にしました。中の状況は、外から見えないので、一度しっかり検査をしてもらおうと決心しました。腕の良い先生の所を予約したので、1ヶ月後の予約になりました。検査前日の20時~検査する前までは、何も飲んでも食べても駄目です。麻酔を飲みます。ドロドロした真っ白い飲み物です。紙コップ1杯分は、結構な量でした。暗い部屋で横向きで喉から管を通します。入っていくのが分かります。ゆっくりと入っていく感じが分かり過ぎて、嘔吐します。何も飲んでも食べてもいないので、何も出てきません。とにかく気持ち悪かった事しか記憶にないです。検査結果は、胃酸の逆流でした。



鼻からの内視鏡が駄目で、胃カメラになった



定期検診で胃カメラを飲む事になりました。時代は変わって鼻から管を通すタイプの内視鏡も予約出来るとの事だったので、喉からでは無くて、鼻からので予約しました。管も鼻の穴から入れられる程なので、相当細い管になるので、気持ち悪いと言う感覚が無いに近いので、安心して下さい。と予約した時に言われました。そんな事を言われていたので、検査当日になっても緊張はしていませんでした。むしろ楽しみでした。鼻からますいを入れます。喉の方に入っても飲まないで下さいと言われますが、飲んでしまいました。喉がヒリヒリしました。それから数分後に検査開始です。鼻から細い管を入れますが、喉に到着するずっと前で痛くて痛くてその先に管が進みませんでした。鼻からは無理で、急遽、喉からの胃カメラに変更です。麻酔を飲んでから検査をしました。本当に大変でした。

普段は見えない体の内側まで簡単に素早く知ることが出来て、キャンペーンや特典もございますので是非お越しください。 他のクリニックよりも割安な特別料金でさまざまなサービスを提供し、満足いく診察内容を提供しているので是非お越しください。 「苦しくない無痛内視鏡検査の提供」をモットーに病気予防・早期発見の重要性を多くの方々に広めていきたいと考えております。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ